養老牛放牧牛乳(WILD MILK)山本牧場

山本牧場
〒088-2684
北海道標津郡中標津町字養老牛200-2
TEL:0153-78-2140 FAX:0153-78-2140
店舗運営責任者:山本 照二(酪農部)
店舗セキュリティ責任者:山本 照ニ
店舗連絡先:y-farm02@lapis.plala.or.jp


・営業時間について

ネットでの注文は24時間受け付けております!
店舗へのお問合せにつきましては、
下記の時間帯にお願いします。

9:00−15:00
  


オーナー 山本 照ニ
(北海道フードマイスター)

山本牧場のあゆみ
1999年
家族4人で北海道に移住。
2002年
中標津町養老牛で営農を開始。極寒の北海道で一年中屋外で飼育する完全放牧を実践。減農薬減化学肥料減配合飼料をめざす。
2006年
農薬の使用を一切やめる。
2008年
化学肥料の使用をやめ、有機肥料に完全移行。
2009年
ミルクプラント”工房 森羅”オープン



●スタートライン

今年は北海道移住12年目の年です。東京での会社勤めをやめ、ただ本物の“作り手”になることに憧れ、この地に家族で越してきました。

流通の仕事を12年間やり、現場のマネージャーも7年経験しましたが、物を仕入れて販売するということをひたすらに繰り返しているうちに、より根源的なものを生産する仕事に一種のリスペクトを感じるようになったのです。一次産業ってかっこいいよなって…

新たな職業選択にあたっては“農業”というイメージはありましたが、“酪農”という選択肢が最初からあったわけではありません。僕自身、牛に対する興味は全くありませんでしたし、妻に至っては子供のころから犬や猫にさえ触ったことのない人間です。ただ家族で度々キャンプに訪れた憧れの北海道(特に道東地方が大好き!)で、“作り手”をめざすとなると、結局“酪農”というところに辿りつくんだと思います。中標津役場に電話して“そちらで農業をやりたいんですが…”と質問し、返ってきた言葉は“酪農をやりなさい!”という言葉でした。

“北海道で酪農!“

その時はじめて自分の進むべき方向がはっきりイメージできました。“広大な大地で牛がのんびりと草を食む、そこで家族がお互いの絆を深めながら楽しく生活する!”

フットワークの軽い自分は、このイメージを頼りに行動し、1年後には北海道人になっていました。



●研修生活での疑問

別海で研修生活に入りました。当初は体力的にもつかな?という心配が大きかったですが、どうにか夫婦で克服できたと思います。ところが研修中に酪農の現場に多くのフラストレーションを感じるようになったのです。それは、自分たちの目指していたものとの“ズレ”によるものです。

一つは、憧れてたスローライフと、実際はゆったりなんかしてられない生産現場の現実とのズレ

一つは、“広大な大地で牛がのんびり草を食む”なんてことは

ほとんどない、生乳生産工場の機械の部品として扱われ疲弊していく牛たちの現実です。

こんなことをしたくて、ここまで来たんじゃないよな?というストレスを研修中は常に抱えていました。

そんな中出会ったのが、強烈な個性を放つ“放牧酪農家”たちでした。“牛も人も無理をしない”ライフスタイル、ワークスタイルと経営を両立させた実践に触れ、自分たちの夢は軌道修正されることなく、放牧酪農の道を選択し新規就農することができたのです。



●アンチテーゼとしての放牧酪農

入植当時は、大規模経営指向が強く、完全に“質より量”の時代でした。“衛生的に搾る”ということと、“健康な牛の乳だけを搾る”という二点をクリアすれば、あとはいかに多く搾るかということのみが現場には求められました。そんな中で降って湧いてきたのが、BSE問題です。乳を出すなら何を与えてもいいという風潮がこの問題を発生させたと言っても過言ではありません。草以外の外国産の穀類やビタミンなどの粉類を多種、大量に調合させることにも何の疑問も無く、その飼料がどこの国のものなのかも、動物性のものなのかも、ほとんど頓着してなかったのです。BSE問題が起きて始めてじゃないでしょうか。牛に与えるものにも配慮しなければならないことを多くの酪農家が自覚しはじめたのは…

そんな中BSE問題の発生や飼料代の高騰傾向により、外国依存大量生産方式でない草の力に依拠する省経費型の放牧スタイルが、再び脚光を浴びてきたのです。





●完全放牧〜wild style

新規で入った私たちにとって、より自然に近い放牧スタイルと経済性を両立すべく選択したのが“完全放牧”という道です。これは一年を通じ、昼夜を問わず屋外で牛を飼育するといった方式です。−30℃ 近い、北海道の冬を屋外で飼うという方式をとっているのは、道内では数例を数えるのみです。“厳しい環境で自由に育てる”ことで、牛が獲得する生命力は経営に必ずプラスになるという判断もありましたし、牛舎内で飼う事によってかかる多くの経費を払う余裕も無かったのも事実でした。経営1年目は、購入した若牛がこの環境に慣れず病気や事故にあうことも多かったですが、2年目以降徐々に牛は寒い冬を克服していき、今に至っては、“日本一頑丈な牛たち”と誇れるまでになりました。


●草中心(配合飼料ゼロ)主義

“牛は草で育てるもの”と消費者の方は思ってらっしゃると思いますが、これは現実に対する大きな誤解です。牛は乾燥した状態で一日20kg(実際は餌の水分を含み60kgほど)の餌を食べますが、平均的な農家でも10kg(乳量ピーク時、多いところは15kgも)以上の配合飼料など草以外の穀類を与えています。即ち実際の牛の主食は草ではなく、穀類になっているのです。人間の場合も幅広い栄養をとることを目的にカロリーメイトやビタミン等の機能性食品を多くとる方が増えてますが、牛も同様で、本来食べるべき主食は半分にも満たないのが現実なのです。配合飼料は栄養価も高く乳量も増えますし、栄養成分も必要以上に増加しますが、アメリカ等の外国産のため遺伝子組み換えされた穀類がほとんどですし、船便による輸入のため防カビ剤を含むポストハーベスト農薬がかけられています。近年増える食品アレルギーは、乳製品も例外ではありませんが、こうした配合飼料の大量給与と無関係ではないでしょう。

山本牧場は “牛は草で育てる”ということにあくまでこだわり、開業時一日8kg(乳量ピーク時)給与していた穀類を年々減らし続けました。これは、現在の乳牛は、配合の大量給与に適応するように改良されてるため、市場で購入した牧場開業当初の牛が極端な配合減に対応できないと判断し、徐々に体質を変化させていったことを意味します。最終的な配合ゼロを目指していましたが2010年春、ついに搾乳牛の無配合飼育を実現することになりました。


●農薬&化学肥料不使用

普通の酪農家にとって、草地の雑草対策に農薬を全面散布するのはごく当たり前のことです。広大な草地で雑草を一本ずつ取り除いていくのは途方も無い作業になるからです。また、草地に毎年大量の化学肥料を散布するのも全く当然のようにおこなわれます。有機肥料だけでは、収穫量が不足する可能性があるからです。

牛乳は、他の農産物と違い植物が野菜としてそのまま商品になるのでなく、植物を食べた牛が出す二次産品が商品になるため、どうしても農家の有機に対する意識は極端に低くなってしまうのです。

山本牧場では2006年より、農薬の使用をとりやめました。それまでは、減農薬を心がけてましたが、一時的に雑草を殺しても結局また生えてくるといった、いたちごっこに飽き飽きしたからです。いっそのこと一度雑草を受け容れてしまい、極端に多い箇所だけは手で抜いていこうと方針転換することにしました。町のシルバー人材センターの皆さんに抜き取り作業をお願いしたり、長男の休日に一緒にがんばったりして、どうにか今日まで草地を維持してきてます。

一方雑草の生えにくい土壌造りも大切です。化学肥料(輸入品)により土壌が栄養過多気味になると、雑草の繁殖も活発になってしまいます。化学肥料の使用を徐々に減らし、カルシウム成分で土壌の健全なpHだけを維持することに力点を置くようにしました。2008年に鶏糞を発酵させる事で窒素とリン酸成分を高めた道産発酵鶏糞と出会い、堆肥と尿の散布と組み合わせることで、化学肥料を一切使わなくなりました。(自家産の草の不足分は信頼の置ける他農家の草を買って補っています。)


●フードマイレージ

近年、消費者の環境意識が高まる中、化石燃料を浪費しないで食品を採るフードマイレージの考え方が広がりをみせています。実をいうと、牛乳ほどフードマイレージの高い食品は少なく、外国産の飼料を大量に牛に与えてることや、草の発育のもとになる化学肥料も海外からの輸入に依存していることがその原因となっています。そんな中、牛に大量の穀類を与える一方で、アフリカなど開発国での飢餓の問題が深刻化するといった、地球規模での食品流通の歪みが指摘されています。山本牧場の牛乳が極端にフードマイレージの低い牛乳であることは間違いないでしょうし、これからの食品のあるべき姿にも一石を投じるものと確信しています。


●養老牛放牧牛乳発売!

一般的に市販されてる牛乳は、様々な農家で生産された生乳が混ぜ合わされたものです。それには、こだわりの利いた生乳も入っていれば、大量生産をよしとして作られた生乳も同じレベルのものとして一緒くたにされてしまってるのです。

北海道移住以来、本物の“作り手”になることを目指してきた私たちにとって、この牛乳という商品の現実は相当なストレスを感じるものでした。こだわりのある生乳を作っても全く評価されないシステムなら、酪農家は量的な拡大方向にアイデンテティーを求めざるを得ませんし、それにより益々消費者の方々との距離を広げることになってしまいます。この矛盾を打ち破るためにも、山本牧

場はオリジナル牛乳の発売を早い時期から視野に入れ、消費者のみなさんに誇れる生乳作りに励んできました。

牛乳は実を言うと個性的なものであり、餌の違いや育て方で風味が異なってくるということをより多くの方々に感じていただきたいのです。



養老牛放牧牛乳(WILD MILK)山本牧場
〒088-2684 北海道標津郡中標津町字養老牛200−2 Tel & Fax : 0153-78-2140 携帯 : 090-8907-2140


Copyright(C)y-farm All Right Reserved.